トップ

妊娠初期の便秘を改善

妊娠初期に便秘になる原因

妊娠初期の便秘の原因とは

もともと女性は男性よりも便秘になりやすい傾向にありますが、妊娠するとそれまで便秘になったことのない人も便秘になってしまうことがあります。妊娠すると体の中でさまざまなことが劇的に変化していきます。妊娠初期の便秘は、ホルモンバランスの変化、つわりによる食生活の変化、ストレスや運動不足といった要素が複合的に絡み合い原因となると考えられています。妊娠初期のことならこのサイト。

妊娠すると体の中のホルモンバランスは大きく変化します。まず、プロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが増加します。プロゲステロンは妊娠を正常に維持しようとする働きがあります。また、胎児の成長のために栄養を蓄えようとして、代謝が悪くなってしまうという作用もあります。体の中に摂りこんだ栄養素を逃がさないように、腸や胃は筋肉をゆるめ、蠕動運動を鈍くしてしまうため、便秘に陥ってしまいます。水分も体は蓄えようとするため、便にまで水分が十分に行きわたらなくなって、便が硬くなり、スムーズな排便ができなくなってしまいます。

また、妊娠初期にはつわりでバランスの良い食生活が送れないということがよくあります。無理に食べてしまうと嘔吐してしまい、さらなる悪循環を生んでしまうため、食べられるものを少しずつ食べていくという状態になります。すると、食物繊維が不足しがちになり、便秘に陥ります。

妊娠初期は、さまざまな変化に対応しようとするため疲れやすくなり、ストレスも溜まっていきます。大きなストレスを感じると、自律神経が乱れて腸の働きも悪くなっていきます。さらに疲れやすくなっているので、運動をしようという気持ちにもならず、妊娠初期には激しい運動は避けた方がいいという意識も働き、運動不足になりがちです。運動量が減るのも腸の働きを弱らせる一因となります。

Copyright © 妊娠初期に便秘になる原因. All rights reserved.